糖尿病猫との暮らしを中心にマイペースで日記を綴っています。美味しい物とお酒&音楽をこよなく愛します。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
日々の暮らしの中で
2010-07-26 Mon 16:51

さすがにプライベートでは飲みに行ってません。。

なかなかそんな気にはなれず。。。




花花





この前の日曜日に、
勤務先の事務所主催の納涼会
(まぁ、飲み会ですけど・・^^;)で、
本当に久し振りに外飲みしました。
新入社員の歓迎会を兼ねた会でしたが、
楽しかった~~!!

上司が穏やかな口調で、

「猫りんさん、最近辛いでしょうから・・・
パァ~~~っと、やっちゃて下さいね♪」

う、優しい。。。

~と、大好きな居酒屋飲み放題コースへ*^^*




花





お店も私に選ばせてくれた!

私が選んだお店は・・・

「プレミアム飲み放題コース」があるお店「土間土間」です。


☆飲み放題なのに「プレミアムモルツ♪」

☆飲み放題なのに「八海山♪」

☆飲み放題なのに「黒伊佐錦♪れんと♪」

☆飲み放題なのに「梅酒の種類も豊富♪」

・・・・・・幸せです。


久し振りに大笑いした!

沢山飲みました(・o・) ご馳走様_(._.)_

以後、気合を入れて仕事をします(?)




前を向いて一歩ずつ・・・・・・





散歩






たまには、寄り道してみたり・・・・・・





散歩2






実家のリトちゃんのお散歩風景です(^.^)

義姉を先導している(?)ところを2階からパチリ!
※撮影したのは梅雨明け前の涼しい日です。



猛暑の折、皆様も無理なさらずに

時には気を抜き・・・・・・





7/7





乗り切りましょう~!






エレガント







沢山の優しさを


ありがとうございましたm(__)m





※住宅街で偶然見つけたお花♪

垂れ下がり具合もとても綺麗です。

なんていう花でしょうか??

お花の名前が全然解らないアタシ・・・








スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:19 | トラックバック:0 | top↑
ありがとうの花束
2010-07-19 Mon 21:33

昨日、7月18日パク・ヨンハさんの献花式に行ってきました。



初めて見る観客が一人も居ない広い広い国際フォーラム

コンサートと同じ編成のバンド用にセッティングされた舞台

その真ん中に微笑むヨンハさんの写真は

真っ白いオーラに被われて

ピカピカに光っていました。

私には、そう感じられました。



2階席の一番上から一人ずつステージを目指して

一歩ずつ一歩ずつ降りていきます・・・

手には白いカーネーションを持って。

会場には低く最新アルバム「STARS」が流れます。


私が花を捧げた瞬間に

流れていた曲は偶然・・・

「紫陽花」でした。




そこに参加した人全員の同じ想い


「ヨンハさん、ありがとう」


言葉はないけれど沢山の感謝の気持ちが、

大きな花束となって、

国際フォーラムを満たしていました。




永遠に忘れない 貴方のことを


  
  
   見つめ合う 星と星は

   遠く離れているとしても

   いつだって 近くにいるから

      
       ※新譜「Stars」より





今までのありがとうを伝えられて

これで一区切りです。



ヨンハさんの想い出は折に触れ

また語っていきたいと思います。




ひとまず次回から、いつものブログに戻りますね。




こんな想い出の一枚がありました!

珍しいツーショット☆

ヨンハ&ぺこりんです*^^*






スマステ






2007年放送の「スマステーション」から


二人とも可愛いでしょう~?*^^*







別窓 | パクヨンハ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
優しさの連鎖
2010-07-13 Tue 15:54
二週間が経ちました。

長い長い毎日でした。


あの日、真っ先に知らせをくれた旧友。

心配してすぐにメールをくれた沢山の友人。

しばらく疎遠だったのに電話してくれたヨンハ仲間。

このブログにコメント・拍手を下さった皆さん。

私のことを気遣って、日にちを置いてから
連絡をくれた友人。

そっと見守ってくれている職場のみんな。

その全員に感謝の気持ちでいっぱいです。


テレビも「金スマ」で特集番組を組んでくれました。
ヨンハさんの優しさが解る内容の濃い番組でした。

TBSではまた、朝の韓ドラ枠を急遽
ヨンハ主演の「オンエアー」の放送が始まりました。

週刊誌の記事も沢山出ていますね。
今回の原因に関しては、いろんな憶測が飛んでいて・・・
あまり掻き回して欲しくない部分もあります。
ご遺族の気持ちを考えると、そっとしておいて欲しいです。
ただ、どの記事を読んでも共通しているのは
ヨンハさんの謙虚で優しい人柄に言及していることです。




3日前に帰宅すると、
ヨンハさんのファンクラブからお知らせが届いていました。
(こういう大規模なFCに入ったのは生まれて初めて!)

本来なら7月2日に到着予定だった会報に添えられていた
お知らせにはFCスタッフの温かい心遣いが詰まっていました。

☆7月2日の埋葬の際に、
 日本のファンクラブ全員の○前を
 一緒に納めて下さったそうです。
 ヨンハが読めるようにローマ字と漢字で記して。

この内容を読んで・・・
感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

「私の○前も入れてくれたんだ。」

※変な伏字すみません。。
公には出ていない話なので。

それまで、どう頑張っても
気持ちの整理はつけられず・・・
哀しさと悔しさと切なさの入り混じった
喪失感で毎日やっとの思いで暮らしていた。

そんな気持ちの収まりどころが見つかった思いです。

急な事で、なか一日か二日しかなかったはずなのに

温情溢れる判断と丁寧な作業をして頂いて頭が下がります。

涙がちょっぴり・・・止まった。



そして、もう一つ・・・

☆7月18日に母と行く予定だった
 東京国際フォーラムでのコンサートチケット
 これは、まだ未配達で席次も知らされていないままでした。
 もう、幻のチケットになってしまうとガッカリしていましたが、

 予定通りにこれから配送してくれるそうです。
 メモリアルチケットとして手元に置いて欲しいと。


これには、母も感動していました。

コンサートを見る事が出来ないのは残念だけれど、
こういう形で幻のチケットが手元に残るなんて。
悲しい記念ですが生涯大切に持っていたいと。

実は、高齢で足の弱っている母の為に
どうしてもバリアフリーの席を用意してあげたくて、
チケット抽選予約前にFCに相談していたのです。

母は車椅子に乗る程ではないものの、
膝が弱っているので階段の昇降は無理。
負担のない席をお願い出来ないか?と。

ダメもとで聞いてみたところ、
そうゆうことなら・・・と、
快くOKしてくれていたのです!

加えて東京国際フォーラム側もバリアフリーに熱心で、
受付から席までは、車椅子誘導を約束して下さいました。

いろんな問題がクリアされ、あとは行くだけ・・・
・・・だったのですが。




ヨンハさんはとても優しい人で、

ファンをとても大切にしていました。

私がずっと応援しようと決めたのも、

そんな彼の誠実な性格が伝わってきたからです。

彼のその思いはスタッフにも受け継がれていて、

FCの対応はいつも心のこもったものでした。

そして、彼の穏やかで明るい性格は

応援するファンにも移っていて、

イベントやコンサートはいつも明るく和やかなものでした。

ヨンハがよく言っていた韓国の言葉

「木のような友達」

大地に根を張り葉をつけ花を咲かせ実がなり・・・

イベントには一人で参加しても、

隣の人とすぐ打ち解けられる雰囲気がいつもありました。



    
    優しい気持ちが優しさを呼び


    優しさの輪が広がっていきます。




今回の事は、決して許される事ではありませんが

真っ直ぐに生きたヨンハさんの優しい気持ちは、

忘れないで大切に受け継いでゆきたいと思います。


優しい彼は今頃・・・「ごめんね、」と、

後悔しているような気がします。

でも、それでは安らかに眠れないので

こちらが、ちゃんと今までのありがとうを込めて

笑顔で送り出さなければと、

やっと思えるようになりました。


「謝らなくていいよ、ヨンハ、

今まで本当にありがとう。

ゆっくり休んでください。」




7月18日に献花式で、


ちゃんと、ありがとうを伝えてきます。


コンサート予定だった


東京国際フォーラムで。









別窓 | パクヨンハ | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
紫陽花
2010-07-04 Sun 18:00


「雨に咲く花は散らずに枯れる」


あじさい



パク・ヨンハさんの最新アルバム

「STARS」収録曲

「紫陽花」の中の一節です。



私はナゼか・・・
ヨンハの亡くなる前の日に
携帯の待ち受け画面を
いつものぺこりんから→この紫陽花の写真に変えていました。

前出の歌の一節が心の中に、いつも残っていて
思い出すと口ずさんでいたのです。


ヨンハには紫陽花は似合わなかったのかな。



7月2日 荼毘に付されて本当のお星様になったヨンハ

貴方は本当に心優しい人だったんですね。

ご家族も友人も沢山のファンも、

支援してきたアフリカの子供たちも、

そして、貴方を最後まで信じて支えていったスタッフも、

貴方がくれた優しさと幸せを一生の宝物として

これから生きていけるでしょう。

パク・ヨンハさんのファンでいる事を誇りに思います。

貴方に出会えて本当に良かったです。

遠い空からいつも見守っていてね。

昼間でも見えなくてもいつも其処にいるね。

ヨンハ、これからも私達のこと、

よろしくね?






別窓 | パクヨンハ | top↑
ヨンハ、長い一日
2010-07-01 Thu 02:49
長い長い6月30日が終わった。。

今でも、嘘であって欲しいと願ってる。


朝、友人からのメールで一報を知り、
「絶対に誤報だ!」と思い、
うろたえ落ち着かず、、
でも、不思議と涙は出ないまま・・・

フラフラと同じく大ファンの母の元へ。

80歳を越えた病身の母は、
7/18の東京国際フォーラムでの
ヨンハコンサートに初参加する事を、
何よりの楽しみにしていた。

時を追うにつれTVのニュースの映像・・・
アナウンサーのコメント・・・
「もしかして、本当なの??ヨンハ??
コレッて悪い冗談・・・だよね???」


責任感が強く何よりファンを大事にするヨンハ

ツァー真っ最中で、投げ出すなんて、絶対に有り得ない!!


韓国での病院の映像、弔問客の姿・・・

沢山の報道陣を見ていたら、

だんだん現実味を帯びてきて、

涙が拭っても拭っても止まりません。


仕事途中で投げ出すなんて・・・

お父さんも看取らないままお母さんも悲しませるなんて、、

ヨンハの大バカ野郎!!!


そして・・・・

ヨンハの優しさにあぐらをかいて、

抱えている苦悩に気付いてあげられなかった、、

私の・・・大バカ野郎!!!


今日は何も書けないと思っていましたが、
「ヨンハさんを応援しています」と、
謳っているこのブログ。

楽しい時も辛い時も、
いつもヨンハは同じ場所にいた。

正直まだ混乱していて上手い事は書けません、が。

最新アルバム「STARS」のように、
本当に星になってしまったの??

今までこれだけ多くの人達に
勇気と幸せを与えてくれた人。

ヨンハ☆必ず安らかに眠っていますね。


ヨンハの事は、みんな忘れないよ。


絶対に。


永遠に。


全速力で駆け抜けた人生。


お疲れ様でした。


心からありがとう。




※私の事を気遣って言葉をかけて下さった皆さま
本当にありがとうございました。

皆さん、パクヨンハさんは良い作品を沢山残しています。
これを機会に是非歌を聴き、
ドラマを観て下さいね。お願いします。


別窓 | パクヨンハ | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
| 明日天気にな~れ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。