糖尿病猫との暮らしを中心にマイペースで日記を綴っています。美味しい物とお酒&音楽をこよなく愛します。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
桜づくし
2011-04-16 Sat 22:40
収まらない余震

毎日揺れている・・・・

もぉ、地震は・・・


もぉ・・・






イヤなの。。

怖いよぉ。。。






揺れないで・・・






ぺこりんの怯え方で、地震の大きさが判るようになってしまった。


緊急地震速報のような大きい揺れの時は、
脱兎のごとく走って布団に潜り込みます。
その素早さといったら!
↑あの、ソレ、そもそも私のベッドですから、、(@@)

東京でさえかなりの恐怖心が拭えませんから、
震源地にお住まいの方には、お気の毒で仕方がないです。


今日は余震かと思ったら、震源が栃木県南部の本震だったとの事。
東京は震度4でしたが、近いせいか揺れ方が怖かったです(;;)


さて、少し気を取り直して・・・

  を沢山アップします!!





満開






母の検査待ちが長かった為、

地元散歩が出来ました(^^;

JR京浜東北線の大森~大井町間の線路沿いにある細長い公園
「水神公園(すいじんこうえん)」を歩きました。
ここは、子供の頃よく遊びにきた所。懐かしいぃ~~♪



公園の桜





平日の昼下がり・・・子供連れや営業途中らしきサラリーマンも、
の~~んびりムードで、しばしの春を楽しみながら。
辛い現実が嘘のように、のどかな風景。




桜並木



(↑水神公園と交わる大通りの桜並木)





すぐ近くにあるのが、あの有名な「大森貝塚」です!


抜け道を見つけたので、フラっと立ち寄ってみました^^





貝塚




ここ生まれ育った街、実家のすぐ近くにあるのですが・・・

改めて来たのは小学校の社会科見学以来かも(@@)←ンン十年振りやねん!

今は、綺麗に整備されて遺跡公園になっています。


なんでも・・・ここが、

貝塚が発見された場所、らしい!





貝塚の跡





中を覗き込むと・・・・・・・


よ~~~~~~く、見て!! 

縄文時代の貝が断層(?)の中に、見えるではないの(@@)

(すみません、、ヘッポコ写真で><。しっかし、意外と無防備な管理。。)



貝





スゴいですね~~~!!

縄文時代の日本人の知恵と文化の跡ですね。

古代の大森の住人さま、
まさか未来がこんなに猥雑で情けない世になっていようとは・・・
想像もしていなかったでしょうね。

このタイミングで大森貝塚に来れたのも、
何かの導きかも知れないと思った。

日本人は叡智に溢れた素晴らしい民族です。
もう、原点に戻ってシンプルに暮らしたい。
人の和を大切にして慎ましくも逞しく。
日本人の多くが感じている事じゃないかしら。

(すっかり感覚がズレてしまった)この国のお偉いサン方!!
日本人の誇りを忘れないで下さい!!
頼みますよ~~~~~~!!!




桜のおまけは「池上本門寺」です。

何度か記事にしている私の地元。




桜の階段






日蓮宗の総本山で、立派な五重塔もあるんですよん。

四季を通じて彩りが楽しめます。






五重塔と桜




こちらは「笹部桜」という種類だそう。

たわわな花のつき方が綺麗ですね~♪





笹部桜




2~3時間のんびり散策して、
桜の写真をお土産に病室に戻ると、
ちょっぴり笑顔の母が居ました。

検査の結果が良好だったようです。
難病を抱えているので、完治とはいかないのですが。

「ちょっと、寿命が延びたみたい^^
も少し頑張ってみましょうか・・・!」

久し振りに前向きな言葉が聞けました。



そーだよー、頑張ってもらわないと!



張り詰めていた気持ちが、


ほんの少し・・・


ほどけた。


そう・・・


久し振りに。





スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
医療スタッフのブログ
2011-04-03 Sun 15:04
何かと毎日落ち着かない日々ですね。

皆さん、ちゃんと眠れていますか?



知人に教えて貰い、津波で最も被害の大きかった

被災地陸前高田へ医療スタッフとして入られた方の

ブログを読んでとても感動しました。

既にネットでは大きな反響があり、

沢山の皆さんが紹介されていますが、

より多くの方に読んで頂きたいと思い、

HPをリンクさせて頂きます。


飾らない文章がとても素敵な看護士さんです。

http://blog.goo.ne.jp/flower-wing


報道だけでは伝わってこない生の現場の声です。

ご自分の寝る間も惜しんで身を粉にして働く

被災地で活動されている医療スタッフの方々には、

心から敬意を表します。






あの地震の日

3月11日の朝に、母が入院しました。

あと数時間遅れていたら・・・と考えると、

安全な病室に居てくれたことが

不幸中の幸いです。


強運を力に変えて欲しいです。






さくら







別窓 | 心模様 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| 明日天気にな~れ!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。